読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

Kindle Paperwhiteが結構よかった件

30日返品キャンペーンがあるので「ちょっと試してみるか」なんて上から目線で注文して数日。

はい、もう返品する気ないです。

いいなーと思ったこととか、これは…と思ったことを幾つか挙げときます。

良かったところ

外でも読みやすい

会社に行ったふりして、定時まで公園で暇を潰すこととかよくあると思いますが、そんな時、気になる電子書籍を買ってその場で読むことができます。でも、スマホタブレット等の液晶は外で見るにはちょっと辛いですよね。映り込みとか、視野角とか。その点、Kindle Paperwhiteは外でも見やすいです。電子ペーパー様々ですね。

例えば、テーブルに置いてご飯を食べながら読書するなんていうのもふつーにできます。

バッテリーが長持ち

バッテリーのことを気にする必要が殆どないです。タブレットなら使わなくても数日おきに充電しないといけなかったり、自分の場合だといざ使おうとしたときにバッテリーがなかったりすることが多かったんじゃないかと思います*1

軽い

200gちょいしかないので、ゴロゴロしながら読む事もできます。仰向けになって読んでて、眠くなって顔の上に落としたとしてもそれほど大事にはならないと思います。

良かったところ(Kindleというプラットフォームに関して)

安く買える

大抵の電子書籍は紙の本よりも割引されて売ってます。日替わりや月替わりでセールしてたりもするので、あまり読まなかったな分野の本も「ちょっと買って読んでみようかな」って気になります。

同期が便利

外に出てる時のちょっとした時間の合間にスマホで読んで、家に帰ったらその続きはKindleで読んだりできるので、本を読む機会が多くなった気がします。その分、TwitterFacebookのタイムラインを追う時間が減ったかもしれません。

とはいっても、この辺はKinoppyでもできる事ですね。

これは…と思ったところ

プライムの無料本はKindle端末でしか読めない

プライムにはいれば毎月1冊無料で本が読めるので、プライム会員になってもすぐに元取れそうです。しかし、この無料本はKindle端末でしか読めないっぽいです。つまり、さっき書いた「スマホ<=>Kindle端末」という使い方ができない。

本を買いすぎる

紙の本に比べると安く、しかも手軽に買えてしまうので、本を次々と買ってしまいそうになります。私はいつの間にか積ん読が4冊くらいになっててこれはアカンと思ってるところ。

裸だと持ちづらい

自分が裸だとという意味ではないです。Kindle Paperwhiteを裸で持つとついつい手から滑り落ちそうになります。これは持ち方が悪いとか理由があるのかもしれませんが、落としそうなので電車の中で立った状態では怖いかなぁという気がします*2

スマホとページ送りのインターフェースが若干違う

スマホKindle端末を行ったり来たりすると少し気になるかもしれません。スマホはフリックもしくは画面の端をタッチすることでページ送り(戻し)する様になっていますが、Kindle Paperwhiteは画面の左端から3/4くらいまでの範囲をタッチするとページ送り、右から1/4くらいの範囲をタッチするとページ戻しになります。

私は画面の真ん中当たりをタッチしてページ送りするのですが、Kindle Paperwhiteの操作に慣れた状態でスマホ版を使用すると、画面の真ん中をタッチしてしまいページ送りではなくメニューが表示されてむぐぐ・・・という事が多いです。

まとめ

まぁ、なんだかんだ言いつつ、すっかり気に入って使ってます。

一番は電子ペーパーが読みやすいってことですかねぇ。Kinppyならソニー Reader使えば良いのかと今気がつきました。でも買うにはちょっと勇気がいるかなぁ*3

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

*1:Surface RTはいつもそんな感じ。Androidタブレットは持ってないから知らん

*2:自分は電車に乗らないのであまり問題ないけど

*3:その前に、今は予算がないですが