読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

Amazonファミリーの3,900円クーポンでハイチェアを買いました

以前、ブログに「Amazonファミリーに入ると3,900円分のクーポンを貰える」ことを書きました。

私もクーポンを貰っていたのですが、なかなか使えずにいました。そんな私がついにクーポンを使いましたよというお話です。少し前の話になりますけど。

ハイチェア購入のいきさつ

離乳食時代はバンボ。しっかり座るようになってからはテーブル付きのハイローチェア(?)を目いっぱい立てて使っていました。

しばらくはこれでいいかなーと思っていたのですが、足を置く場所がないので足元が落ち着きません。それに、元々寝かせられるようになっているので、背もたれが重厚なんですよね。踏ん張れないからなのか、背もたれが楽だからかわかりませんが、背もたれに身体をあずけきって食べていました。それを見て、これじゃぁ姿勢も悪くなるし、成長にも良くないんじゃないかと。

それと、同じテーブルで食べさせてあげたいという思いもありました。一緒に会話するのも食事の楽しみですが、一人だけ別のテーブルなので孤立感があったし、ハイローチェアのテーブルは狭いのでたくさん食器が置けません。

大人と同じ椅子を使う案もありましたが、これだと座高が足りなすぎるし、クッションなどで座面を上げるのも安定性に問題がありそうです。

そこで、ちゃんとした椅子、ハイチェアを買おう!と。

選定

ハイチェアといってもいろいろあるみたいです。

高さ固定版

こういうのはお安くて良いんですけど、高さが変えられないので少し大きくなったら使えなくなりそうなので却下。

スヌーピー ハイチェア

ストッケ

座面や足置きの高さを変えられると、テーブル付属の椅子に座れるくらい大きくなるまで使えそうでいいよなぁと調べてたら、なんだかこれが定番っぽい。

ストッケ トリップトラップ ナチュラル

ストッケ トリップトラップ ナチュラル

おっさんが座っているイメージ画像もあり、まさに子供から大人まで成長に合わせて使えそうです。

しかし、お高い!!さすがに26,000円はちょっと財布に優しくないので断念。

大和屋

いろいろ見て回って、このメーカーが良いかなということになりました。

理由は次の二つ。

  • 座面のMAX位置が高い
  • お値段がお手頃(に見えた)

テーブルの高さと息子の大きさから、座面の高さが50cmは欲しかったのですが、他のメーカーのものは少し足りませんでした。

また、ストッケを見た後だったので、「13,000円なら2台買えるじゃん!」みたいなお得感がありました。それ以外のメーカーでは10,000以下のものもあったので、激安じゃんって感じでもなかったですけどね。

いろんなタイプがありましたが、メーカーのサイトを見て「皆様の声を声を元に改良を重ねて~」といううたい文句に惹かれ、これにしました。

息子の時期的にはテーブルなしモデルで十分だったのですが、お値段的に600円しか変わらなかったので、テーブル付きをチョイス。将来誰かにあげるときとか、次の子ができたときにはきっと役に立つでしょう。

お支払いは、クーポンでの割引があって約9,000円になりました。9,000円の出費はちょっと痛いんじゃない?と思う人も居るかもしれませんが、私はちょうどGoogleさんからお小遣いをもらった頃でした。はい。そういうことです。。

使ってみて

やっぱり一緒のテーブルで食べるのって良いですね。自分から喜んでよじ登って座ってます。

組み立てたあと、少し足下ががたついていましたが使っているうちにしっかり接地するようになっていました。この製品は足にスタビライザーかクッションパッドを取り付けることができますが、どちらもプラスチック製なので接地面を安定させる用途ではちょっと使えないのでドキドキしましたが、結果オーライになって良かったです。*1

それと、後ろの足がそれなりに飛び出ているので、足をぶつけないよう少し注意が必要です。とはいっても、この1ヶ月で1回くらいしかぶつけたことないのでそれほど気にしなくて良いかも。この足のおかげで、背もたれにぶら下がって遊んでも後ろに倒れることがないので笑って見ていられます。

なくても困らないけど、あったら楽しい、嬉しいアイテムですね。

*1:違うメーカー(カトージだったかな)のものだと足裏に調節用のボルトが付いているものもある