なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

『本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント』 松岡修造

本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)

本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)

夏ですねー。暑いですねー。そんな時はあえて熱い思いをしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

というわけで、日替わりセールになってたのでこの本を買って読んでみました。

目次

第一章 ”自分とは何か”からはじまる
第二章 自分らしく輝くためのトレーニング
第三章 落ち込み・イライラ・無気力からのリセット術
第四章 ”不機嫌な自分”から脱却するためのセルフコントロール

読んでみて

この本は「本気になれば~」とありますが、その「本気」を見つけるための松岡修造氏からのヒントという位置づけです。

一つひとつのヒントをたどってみると、すべては同じ道に通じています。それは、「自分を見つめる」「自分の心の声を聞く」ということです。
~略~
 自分の心が見えてくる、すると“本気”が見えてくる。見つけ方はさまざまでしょう。この本で挙げたのは僕の方法です。そこから自分に合う方法を取り入れ、自分なりの“自分の見つけ方”を探っていってください。きっと“あなたの本気”が見つかるはずです。
「あとがき」から引用

内容自体は以前読んだ「挫折を愛する (角川oneテーマ21)」と似たものも多く、正直あまり新鮮みはありませんでした。

nakaji.hatenablog.com

挫折を愛する (角川oneテーマ21)」の方は松岡修造氏の自伝とそれにまつわるエピソードや教訓といった色合いが強かった気がしますが、本書はテーマ毎に70のヒントとしてまとめられているので、思い悩んだときに該当する部分をペラペラっと読んでみるといった使い方にはいいと思います。

おしまい。