読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

天使の翼に黒い羽が混じりはじめた三歳の息子

子どものこと

今まで小さいと思ってましたが、もっと小さい家族が増えた途端、いきなりでかく感じ始めた三歳の息子ですが、成長に合わせて態度もだんだんでかくなってきました。

笑顔を振りまき、懐いてた頃が既に懐かしくなってきたりもしてます。

そんな息子の成長を感じた一コマ。

どっちがいい?が効かなくなった

イヤイヤ期では「どっちがいい?」って、自分で決めさせてあげるといいですよ。なんて話や情報を見かけますね。

懐かしいですね。

朝食の食パンを半分にして、「どっちがいい?」って聞くと、「こっち」と大きい方を選ぶ息子。それを見て「どっちが大きいか(自分にとってお得か)ちゃんとわかるようになってきたんだなぁ」と感心したり、嬉しくなったりしたものです。

それが最近、変わってきました。

「どっちがいい?」って聞くと「りょーほー」

「お、おう・・・」

プランBを用意する

最近、一番衝撃を受けたのがこれです。

スーパーでアイスを買う際、「僕はこれー」と今まで食べたことのない、ガリガリ君のコーラ味をチョイス。

「じゃぁ、お父さんはこれにしようかな」と自分が好きなアイスを手に取ると、「それはダメー」

「えっ、なんで?」

「お父さんはこっちにしいやー」とCoolishを薦めてきます。

まぁ、ええかと提案通りCoolishを買って帰宅。

さっそくガリガリ君を食べる息子・・・しかし、味が気に入らなかった様子。だから食べ慣れてるのにしたらっていったのに・・・

しばらくすると、「お父さん、アイス食べんの?」

「食べようかねー」というと、「半分こして食べよー」

「お、おう・・・(最初から狙ってたのか・・・)」

まとめ

小生意気なことを言うようになり、なかなか面白いです。一方、昔のような純粋さが見られなくなってくるのかと思うと少し寂しくもあります。

まぁ、今を楽しみつつ楽しくやれたらなと思います。

おしまい。