読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

三歳の息子がどうしても観たいというので、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』を観た

子どものこと

(すまん。息子。先にあやまっとくわ)

ウルトラマンゼロって知ってます?私は息子にプレゼントされたウルトラマンの図鑑*1を見て初めて知りました。

f:id:nakaji999:20160220061909p:plain

このウルトラマンゼロ、なんとウルトラセブンの息子なんです。息子ですよ。息子。しかも、師匠はウルトラマンレオなんですよ。レオ。

アラフォーのおっさん世代が知ってるのはウルトラマン80くらいまでで、それ以降のティガとかダイナとかガイアといった平成に入ってからのウルトラマンは正直違いがわかりません。(全部同じに見える・・・)

でも、このウルトラマンゼロだけは特徴的な顔なので容易に判別できます。おまけに、自分が子どもの時にお世話になったウルトラセブンやウルトラマンレオに関係があるという設定のおかげで親近感もあります。

そんなわけで、ちょっと観てみたかったんですよね(えっ)

ある雨の日

たまには家にいるのもいいかということで、家で遊んでたのですが、遊ぶネタも尽きてきた・・・そんなとき、FireStickTVでhuluのコンテンツをぱらぱらぱらーっと観てたら「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国」っていう映画を見つけました。

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国 [DVD]

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国 [DVD]

これだ!

三歳になる息子に「ウルトラマンゼロのテレビ観てみる?」と私。
「観てみようぜ。なっ」と私。
そして、再生を始める私。

いっておきますが、無理矢理じゃないです。事前にちゃんとウルトラマンゼロがカッコイイ、大好きになるよう教育*2してましたから、息子もそれなりにやる気だったと思います。

主導権は息子に

戦隊ものとか仮面ライダーとか見せてないせいもあるのか、三歳の息子には悪い奴らが攻めてくるシーンはちょっと怖かったようです。

「もう観るのいやかなー」とつぶやいたりしてましたので、「大丈夫。お父さんがついとるで(まだ観たいし)」と勇気づけたり、「いやになったらやめてもええからね」とテレビのリモコンを渡して観るのもやめるのも息子の好きにできるようにしておきました。

結局、最後までノンストップで観ることができました。

息子はどうか知りませんが、お父さんは目に涙を浮かべてました。

まとめ

仲間と力を合わせて、とか、悪い奴らをやっつけろ、とか幼児にもわかりやすいテーマでそれなりに楽しめたんじゃないかと思います。

おっさん的には懐かしのウルトラマンが出てきたり、ゼロがセブンに「親父」って話しかけてたり、昔のウルトラマン世代だからこそ楽しめる要素もあり面白かったです。

それと、光の国がある宇宙とは「別の宇宙」のお話。宇宙の端っこまでいって、光の国がある宇宙を抜けるとそこには複数の別の宇宙が存在して~というのは、「Newton 宇宙はほんとうに無から生まれたのか: 時間と空間が誕生したその瞬間」に書いてあったことと同じ(な気がする)で、しっかり作ってあるなぁと感心しました。

息子、次はウルトラマンサーガ観よう!

ウルトラマンサーガ [DVD]

ウルトラマンサーガ [DVD]

と誘ってみましたが、どうやら観たくない様子。仕方ない、お父さん一人で観るか・・・

おしまい。

*1:

*2:刷り込みともいう