読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

リポジトリのディレクトリを変更した際にすること

今まで、TracLightning を C:\TracLightning にインストールして使っていたが、これを D:\TracLightning に変更しました。
その際の手順をメモっておきます。

TracLightningの再インストール

プロジェクトのバックアップ

Trac - バックアップ から全プロジェクトをバックアップしておきます。

TracLightningのアンインストール

コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」から

TracLightningのインストール

D:\TracLightning にインストールします。

プロジェクトの再配置

リストア

D:\TracLightning\Projects 配下の各ファイル、フォルダをバックアップからリストアします。

trac.iniの修正

C:\TracLightning となっている箇所を D:\TracLightning に置換します。

リポジトリの再同期

上記のみだと、以下の様な警告が出ますので、メッセージ通り'trac-admin resync'を行う必要があります。

Warning:  リポジトリと同期できません ('repository_dir' が変更されました。 'trac-admin resync' の操作が必要です。)。詳細は Trac のログを参照してください。 
カレントディレクトリの変更

Tracコマンドラインを起動し、D:\TracLight\projects\trac に移動します。

resync の実行

以下の様に resync を行います。

trac-admin <プロジェクト名> resync

D:\TracLight\projects\trac>trac-admin SampleProject resync
Resyncing repository history...
1 revision cached.
Done.

D:\TracLight\projects\trac>

以上で終了。(のはず)