なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

長男が5歳になりまして

5年前に産まれた長男が5歳になりました。まぁ、5歳になったのは5月なんですけどね(´ω`)

f:id:nakaji999:20160528044359j:plain

プライムフォトさん様々

プライムフォトから毎日のように通知が来ます。

そこには、産まれたばかりの長男だったり、1歳になって余地より歩き始めた長男、2歳になってストライダーに跨がる長男、3歳になって表情に凜々しさが見え始めた長男*1、4歳になってカメラを向けると変なポーズをする様になった長男などなど、これでもかというほどの写真があり、その時の記憶が蘇ってきます。

これも写真をまめに撮ってたからというのはもちろんですが、写真を見返す機会ってあまりないですよね。そこにプライムフォトが通知飛ばしてくれるからこそだと思います。これからも頼むぜ!

最近の長男

最近、親父の言うことをスルーすることを覚えたようです。本当に聞こえてないならいいんですけど、多分・・・

次男を小突いてる事もよくあります。でも、それはきっと寂しさによるものだったりするんじゃないかと…ごめんな。

基本的には心優しい子に育ってます(親バカ

5歳になって、大抵のことはできはじめたようにも感じます。できるようになったというか、目的をそれなりに理解して行動できるようになったというか、何をするか分からないみたいな不安がなくなってきたというか。まぁ、過信は禁物ですね。

そんな感じなので、釣りとかキャンプとか博物館とかいろんな所に出かけて一緒に楽しみたいと思います。

子育て四訓

『 子育て四訓 』

乳児は、肌身離さず抱きしめる
幼児は、肌を離しても 手は離さない
少年は、手を離しても 目は離さない
青年は、目を離しても 心は離さない

子育て四訓|笑顔の連鎖づくり~ホスピタリティ研究部~

おしまい。

*1:七五三の写真はマジで凜々しく、かわいらしい

ブログを約2週間書いてなかったらしい

毎日15:00に当日と前日に投稿したブログのリンクをTwitterに投稿するオレオレサービスを作ってます。

このサービスの中でブログ更新してないときは、何日更新が止まっているかをツイートするようにもしています。

自分で自分の尻を叩くつもりで実装したんですけど、最近は「あー、もう○日も更新してないのか」と思うだけで、何も感じなくなってました。尻を叩かれすぎて慣れてしまったようです(;´Д`)

f:id:nakaji999:20140531093911j:plain

そんなある日、

ちょっと書いてみようかなという気になってきました。

ので、この記事を気負わずに書いてみた次第です。

ちなみにこの、オレオレサービスですが、需要あるかなぁ?1年以上前から「ブロガーのケツを叩くサービス」という名前だけは付けているんですが…

おしまい。

おっさんがリップスティックに乗って死ぬかと思った話

長男の5歳の誕生日。妻の妹からプレゼントをもらいました リップスティックっていうスケボーみたいなやつ。

f:id:nakaji999:20170506122314j:plain

スケボーと違うのは、ローラーが前後2つしかついてないこと、ボードの前後がねじれる(?)こと。

以前、近所の河川敷にある遊歩道などで子供たちが乗ってるのを何度かめにしたことがありました。

不思議なのは足で蹴らなくても進む(っぽい)こと。傍目から見たイメージは「ふにふにふにふに」って感じ(分かり辛っ

ただ、ちょっと5歳の長男には早すぎる気が…

恐る恐る乗ってみた

せっかくなので乗ってみたくなるのが男の性。

おっさんも「どうやって乗るんや?」と思いながらも、左足をボードの前方に置き、思い切って右足で地面を蹴り、えいっと右足をボードの後方に。 の、乗れたっ!

なんと、一発で乗れてしまいました。まさに、クララが立った時くらいの感動。

でも、それを表情に出すのはおっさん的に許せないので平静を装います。

前に進んでみよう

1回目は単に勢いつけて乗っただけ。

「なんだ、簡単じゃん?」ということで欲が出てきました。「次はふにふにして進んでみよう!」と。 なかなか思い切ったことしたなぁと我ながら思いますが、そのときは簡単にできそうな気になってたんでしょうね。きっと。

そして2回目。

同じようにボードに乗って進んでる途中で、ふにふにしてみました。

すると・・・

自分の体より先にボードが前へ・・・

「あ、待って、置いて行かないで!」

そのまま、あえなく転倒。

この時、首からカメラぶら下げてたんですね。なぜか。もちろん、コケた瞬間「あ、カメラやばい」と思いました。この時は並々ならぬ反射神経(?)で、カメラを片手でしっかりとホールドし、ゴロンと背中から地面へ。

そして、後頭部を地面で打ったのでした(強打というほどではない*1)。

死んだらどうしよう

若い時なら、いってーで済ませたと思います。

しかし、今は歳をくったおっさんなわけで、おまけに今年は厄年らしい。

「もしかして、これがきっかけで脳卒中になって、帰らぬ人に・・・なんてことになるんじゃないか」と一人で不安になりました。

とりあえず、吐き気をもよおしたら病院に行こうと心に決めて、おとなしくしておくことにしました。

まぁ、結局何事もなく、その日の夜にはコケたこともすっかり忘れてましたけどね。

教訓

ヘルメットはちゃんとかぶろう

ロードバイクに乗るときはちゃんとかぶるようにしれますが、これは完全に油断してました。

子供が乗るときにはちゃんとヘルメットを被らせるようにしようと思います。

自分は・・・もう乗らないかな(汗

自分に自信を持ちすぎない

日頃ろくな運動もしてないのに、歳をとって運動能力が向上している訳がありません。当たり前ですね。

子供の頃はリップスティックなんてなかったし、光ゲンジみたくローラースケートも乗れなかったわけですが・・・

でも、この時、子供の頃食べることができなかった茄子がいつの間にか美味しく食べれる*2ようになったのと同じように、大人になってリップスティックに乗れると思ったのはなんでなんでしょうね。

歳をとるにつれ、「俺はまだまだいけるはずや」という老いに対する抵抗が強くなるんでしょうか。

身の程を知って、つつましく生きようと思った一日でした。

おしまい。

*1:きっと、中学柔道部だった経験が生きたのではないかと

*2:トマトはまだ難しいっぽい

次男が1歳7ヶ月になりまして

2015年10月末に産まれた次男*1が1歳7ヶ月になりました。もちろん我が家では今月もケーキはありませんでした。

体重は11kg超えました。

たつさんのように1歳半を節目に毎月更新をやめようかと思ったのですが、小刻みに次男がリビジョンアップされるので今月も書こうと思います

f:id:nakaji999:20160104222347j:plain

配給係

食べるものが徐々にわかってきた様子。

そして、「自分が食べたい」という時もありますが、「これは誰誰の」みたいなことも彼なりに考えているようです。

みかんを妻に持ってったり、お菓子を長男に持って行ったりします。親父には・・・何も持ってきてくれません。

道具を使うことを覚えた

徐々に知恵がついてきました。

両手を広げて、「だっこ」ってせがんできます。あまりにもかわいいその仕草にだっこしてあげます。すると、体をねじって高いところにある食べ物を指さします。

親父の使い方を覚えたようです。

バナナが大好き

さっちゃんの歌じゃないですが、バナナが大好きです。

ご飯を食べない時でも、バナナを見せると満面の笑みで寄ってきます。そして、見えるところにバナナを置いていようものなら、「ば、ば!」ってバナナをせがみます。

さっちゃんと決定的に違うのは、ちっちゃいけど1本ぺろりと食べてしまうところ。きっと2本目もぺろりと食べてしまうんじゃないかと…

長男が大好き

泣かされることも多いですが、泣かされた後もケロッとして長男と遊んでたりします。長男も次男にあわせて遊んでくれてる時もあり、やっぱり兄弟っていいなぁと傍から見てて思います。

他人に行動を促す

長男が食事の時間になってもテーブルにつかない時、そばに寄って行ってテーブルの方を指さしていたのには軽く驚きました。「兄貴、ほれ、飯のじかんやで」みたいな。

おい、腹だせや

次男のおなかをこちょこちょしたり、おなかに口を当てて「ぶーっ」てしたりして遊んでたのですが、先日、寝転がっているとおもむろに次男が寄ってきました。

何するのかなーと放っておいたら、私のTシャツをめくりあげて、お腹をかぷっ。そのまま、「ぶーっ」

や、やり返された…

テレビ見ながらリズムをとる

テレビで体操とかしてると、それに合わせて手を動かしたり、軽くステップ踏んでたりします。

そして、時々こっちを見てニヤッと。かわいいっすねぇ。

まとめ

長男に泣かされながらも楽しく遊んでる次男。このまますくすくと育ってくれたらと思います。

おしまい。

過去の次男

さよならHulu

諸事情により、Huluにさよならしました。

思い出

思いえ返せば、うっかりお試しを始めたのがきっかけでした。

自転車熱が冷めかけてたところに火をつけてくれたのはHuluで観た「弱虫ペダル」でした。

長男がウルトラマンにはまってからは、長男のために課金してたようなもんでした。下に挙げた以外にも、タロウ、レオ、コスモス、メビウス、ギンガ、エックスとか観てたと思います。

はっぴょん.jp(https://www.happyon.jp/)にリニューアル

5月中旬に大幅リニューアルしたHulu

Android等のアプリ同様、FireStickTVにインストールしているアプリは新しいアプリをインストールする必要がありました。手順としては大したことありませんが、サービス側の都合に振り回されてる感もあり、正直、クソめんどくさかったです。

でも、新しいアプリを起動してみて、プロファイルの切り替えができるのには感心しました。キッズにすれば子供向けのコンテンツだけ(ウルトラマンシリーズも対象)になるし、視聴履歴も別になるので、お父さんが観た番組が子供のトップページに影響しない(今まではこれがあったのであまり使えなかった)、おまけにメニューもひらがなになってて、長男にも読める!すばらしい!

ただ、UIは変わってしまったので若干の戸惑いはありました。でもまぁ、UIについては慣れるだろうし、それほど大きな問題じゃないかなと。

大問題が発覚

さっそく、長男がウルトラマンコスモス(杉浦太陽(辻ちゃんの旦那)が主役のやつね)を見ていると・・・

画面が固まって、何かがグルグルしてる・・・ 数分再生したかと思うとグルグル、またしばらく再生したかと思うとグルグル・・・

心がまだ澄みきっている長男はそれでも何一つ文句言わずに見ようとしていますが、後ろの親父は我慢できない。

ちょっと待ってと一時中断させて、Amazonのプライムビデオを検索。なんだ、ウルトラマン系こっちにもあるやん。と、さっきまでHuluで観てた番組を再生!

か、快適やん

プライムビデオで観てね

長男にはプライムビデオで見せるようにしました。勝手に観たらダメよってことにしてはいますが、基本的にPINコードの入力が必要なように設定しているので、うっかり変なの観ることもないかなと。

なら、はっぴょん.jpになる前からプライムビデオにしておけば、余計な出費を抑えることができたじゃんという話ではありますが…

Huluを解約

そんなわけで、Huluを解約しました。それとほぼ同じタイミングで下のようなお詫びメールが届きました。

f:id:nakaji999:20170529010451p:plain

中でメンテしている人は大変だと思いますけど、「応援してるから課金継続するぜ」という男気(小遣い?)は私にはありませんでした。ごめんね。

おしまい。

Webサイトに関わる人ならチェックしとく価値あり?Kindleストアで「Webデザイン・Web技術書セール(全品50%OFF)」やってます(6/1まで)

Webデザイン・Web技術書セールってことで、対象のKindle本が50%オフになってるみたいです。

「Webデザイン・Web技術書」というタイトルになっているので、デザイナーや開発者向けの本が多いですが、Webサイトを運営している人にも役だちそうな本もあります。

Webによる集客について、手軽に読める2冊

この2冊はストーリー仕立てで読みやすいです。初心者におススメ。

各省の最後には重要事項が文章や図でまとめてあるので、1回目はストーリーを楽しみながら雰囲気をつかみ、2回目以降はまとめを読み返して復習する。なんて使い方もできます。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?

自分たちでWebサイトを作りたい人向け

ワールドプレスWordPressでWebサイト作れるみたいだけど、PHPとかCSSとか、サーバ借りたり、定期的にWordPressのアップデートしないとセキュリティ的に問題があるとか、諸々なんだか難しそう。という人には、部品を組み合わせて手軽に作れるWebサービスがおすすめ。私が知ってる範囲では、Jimdoとか、Weeblyとか、WIXとかですね。

サーバの管理とかセキュリティとかプログラミングとか、難しいこととは全部サービス側がやってくれます。利用者がするのはデザインのテンプレートを選んで、それに対して自分が画像とか文章とか、提供されている部品をぺたぺた置いていってコンテンツと見栄えと整えるだけ。ねっ!簡単でしょう!

そのJumdoに関する本がこれ。自分は読んでないので、どんな内容かはわかりませんが、説明にはこんな風に書かれています。

「Jimdo」(ジンドゥー)でのホームページの作成方法と運用方法を解説した書籍。解説記事を順番に読み進めて行くことで、Jimdoを使ったホームページの作成・運用・宣伝・集客の基本を、10日間で習得するのが本書のコンセプトです。12章構成の解説の中で、Jimdoの基本操作とホームページの作成、デザインとコンテンツ(内容)のレベルアップ、そしてSEOやリスティング広告を含む宣伝・集客の基本を解説しています。

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

  • 作者: 赤間公太郎(JimdoExpert)
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション(MdN)
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

まとめ

えーっと、特にないかな。

おしまい。

ストライダーからレンラッドを経由して長男が1時間もかからず自転車を乗り回し始めた話

この前にゴールデンウイーク中、少し目を離した隙にもうすぐ5歳になる長男が自転車(補助輪なし)に乗れるようになっていました。

狙い通りというか、「へー、やっぱりそうなんだ」と思ったのでブログに書いておきます。

我が家では自転車にスムーズに乗れるようになるのを狙って、長期計画で取り組んでいました(大げさ)

三輪車よりストライダー

歩くのもしっかりしてきた2歳の誕生日。 ちょっと早いかなと思いつつ、ストライダーをプレゼントしました。

STRIDER:ストライダー|2歳のお子さまでも直感的に楽しめバランス感覚が向上します。

この頃なら三輪車がちょうどいい感じではあったんですが、そうしませんでした。

というのも、三輪車はちょっと大きくなると乗らなくなりそうな気がしましたし、乗っているのを見てて私自身が楽しくないだろうなぁと思ったから。

一方、ストライダーならそれなりにスピードも出るのである程度大きくなっても楽しいんじゃないか、私自身も一緒に後ろを小走りでついていくことが出きて飽きないんじゃないか。そんな思いがありました。

プレゼントした当初はまたがって歩くだけでしたが、次第に地面をけって進めるようになり、いつの間にかある程度スピードに乗ると両足を話してぴゅーって行くようになってました。

自転車よりレンラッド

ストライダーのサドルがだいぶ伸びてきたなぁと感じはじめた3歳半。 クリスマスプレゼントにレンラッドをプレゼントしました。

ランニングバイクにペダル後付けできる子ども自転車 | レンラッド公式サイト

このレンラッド、最初はストライダーのようにランニングバイクとして使い、そのうちペダルをつけて自転車として使うことができるんです。

f:id:nakaji999:20161218115904j:plain

f:id:nakaji999:20170506122532j:plain

自転車デビュー

5月頭の連休中にランニングバイクモードにしてたのを自転車モードにチェンジしました。

自転車モードにするのに意外と手こずったのですが、それはまたの機会にブログに書きたいと思います。

そして、長男を乗せてみたところ、最初はペダルがあるのに戸惑ってたようですが、安定感は抜群。

「これはすぐ乗れるようになりそう!」と確かな手ごたえを感じたものの、夕暮れ時だったので10分ほどで切り上げたのでした。

そして、次の日、1時間もしないうちに乗れるようになっていたそうです。 妻がいうには、乗り始めからかなりいい感じで、てっきり前日に乗れるようになってたんだと思ったとか。

その時、私はというと…次男と昼寝してました(照

残念ながら、前日に夢見た長男が自転車に乗れた感動の瞬間を父子で喜び合うことはできませんでした。 感動の瞬間は数年後の次男にお預け。

まとめ

レンラッドが必要だったかどうかはわかりませんが、よりスムーズな移行ができたと思います。

ストライダーに比べると、子供用とはいえ、自転車は結構重量があります。

ストライダー
→レンラッドのランニングバイクモード(重いストライダー)
→レンラッドの自転車バイクモード

甘すぎな気もしますけどね。

でも、これで自転車に乗れるようになりました。 長男は自転車、親父はジョギングという組み合わせで河川敷を走れるようになってうれしいです。

すぐについていけなくなりそうですけどね!

おしまい。