読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

有明浜で潮干狩りしてきたった

生活

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」

5月2日(土)、香川県観音寺市の有明浜に潮干狩りをしに行って来ました。

場所

舞台は有明浜海水浴場という遠浅の砂浜。松山からだと高速を使って2時間くらいの所になります。

対象

潮干狩りといえばアサリですが、ここでの獲物はマテ貝です。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/89/Solen_strictus.jpg/250px-Solen_strictus.jpg

正直、ちょっとグロいです(ーー;)

装備

メインとなる道具はというと、熊手・・・じゃなくて、鍬(クワ)。下の画像みたいな大きめのものが効率が良いです。

SUN UP ステンレス 左官鍬 900mm

SUN UP ステンレス 左官鍬 900mm

それと、忘れちゃいけないのが。塩がないと楽しみは10分の1に低下しますし、採取はほぼ不可能です。

塩は少しずつ出せるように容器(ペットボトルでも良さそう)に入れておくと良いでしょう。

採り方

採り方はというと3ステップで行います。

  1. 鍬で表面の砂を数cmほど掘り*1ます。

  2. マテ貝の穴が出てきますので、その穴へ塩を入れます。

  3. しばらく待つと、マテ貝がにゅーっと顔を出すので、それをエイッと掴んでゆっくり引き抜きます。

引き抜き損ねるとマテ貝はあっという間に逃げてしまいます。砂の中でどんな風に移動しているのか不思議ですが、ほんとにあっという間にいなくなります。

食べ方

アサリと同じように酒蒸しにしたりしますが、クックパッドにいろんな食べ方が載っていますので、それを参考にするのもいいと思います。

まとめ

アサリに比べるとアクティブで楽しいです。子供も大喜びでした。

おっさん的には家族サービスができる上に、ちょっとした運動にもなります(畑仕事的な)。その結果、仕事の後のビールが旨い!もちろん、車の運転が終わってからにはなりますが。

それに人もそんなに多くないので、ゆったりと楽しむことができます。テレビでどこかの潮干狩り場の光景が写っていましたが、ものすごい人であれでよくそれなりの収穫を得られるなぁ*2と関心しながら見たのですが、こっちはこんな感じです。

f:id:nakaji999:20140427151453j:plain

これぞ地方の良いところですね。

現場からは以上です。

*1:「掘る」というよりは「削る」感じ

*2:事前にアサリを蒔いておくという話もどこかで聞いたけど