読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

Fire TV Stickが届いたのでテレビにつないでみたら我が家の三歳児を泣かせちゃった話

家のテレビでYouTubeやHuluやNetflixを初めとする動画配信サービスが観れたらなぁって何となく思うようになったのは、子どもと一緒に映画を観てからだと思います。

nakaji.hatenablog.com

そんなある日、Fire TV Stickが発表されたわけですが、発表直後、プライム会員は3,000円引きで予約注文できました。つまり、スタンダードリモコン付きの一番安いやつ(4,980円)が1,980円で買えたわけです。

そして、ちょうどその時、Amazonのアフィリエイトで貰ったギフト券が4,000円分くらいあったんですよね。ということは、おサイフからお金を出さずにFire TV Stickを入手できちゃう。

しかも、Fire TV StickでAmazonビデオだけじゃなく、YouTubeやHuluやNetflixも観れちゃうのを知って、これは買うしかないってことで予約してました。

10月30日に届いて

家に帰るとAmazonの箱が届いてました。

さっそく開封・・・しようとしたら、息子が「開けていい?」と聞いてきます。特に断る理由もないので、「いいよ」と返事をして息子に任せること十数分。

f:id:nakaji999:20151029202142j:plain

ここから先はオヤジの出番です。コンセントに電源ケーブルを挿して本体と繋ぎ、テレビ背面のHDMI端子に差し込みます。で、入力を切り替えるとFire TV Stickの起動中画面が表示されてました。

しばらくすると初期セットアップの画面に。WiFiの設定は簡単設定で、WiFiルータのボタンをポチッとして設定完了。

そして、下の様な画面が出てきました。Kindleの時もそうですが、注文したときのアカウント情報が既に登録されていました。結構手間がかかるだろうに、Amazonさんすげえな。

f:id:nakaji999:20151029210819j:plain

そのあと、コンテンツ購入時にPINコードを入力するかどうかの設定なども行います。子どもも触る場合にはPINコード入力するようにしておいた方がいいんでしょうね。

そして、ホーム画面が表示されました。

f:id:nakaji999:20151031061536j:plain

Netflixなど他のサービスはアプリという形で観ることになるんですね。なるほど。

そして、コンテンツをぱらぱらぱらーっと眺めてたら、なんとなーく恐れていたことが・・・

息子がアニメ絵に反応して観たいって言い出しました。あかん、それディズニーちゃう。15+のやつやんか・・・

「これは観れんのよ。もうやめようや。」といい、せがむ息子をなだめながらテレビの電源を切ったのでした・・・

後日

大人しか操作しないからいいやって、PINコードの入力を不要にしてましたが、必須にしました。

そして、コンテンツの制限もかけました。が、「9歳以上のお子様に最適です」だと?

f:id:nakaji999:20151031061949j:plain

そして、動画の一覧には15+や12+のタイトルも今まで通り出てきます。単に「プライムビデオでお金が掛からなくても、PINコード入れないと観ることはできないよ」って制限だけのようで、なんだか残念な感じ。

Netflixみたく「キッズ専用」のページ作ってくれませんかねぇ。Amazonさん。そうしてもらえると、個人的にはかなりうれしいんですけど・・・

f:id:nakaji999:20151031065935p:plain

おしまい。

Fire TV Stick

Fire TV Stick