読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なか日記

一度きりの人生、楽しく生きよう。

Web AppsをGitからデプロイする際にカスタムスクリプトを使用する

Azure

以前、Web AppsとWebJobsのプロジェクトが混在してるソリューションをGitHubなどからデプロイする際、通常だとWeb Appsプロジェクトしかデプロイされません。しかし、デプロイ時に実行されるスクリプト(deploy.cmd)をカスタマイズすればいい感じにWebサイトとWebJobsをデプロイできるようになりますよってことを書きました。

記事に書いたようにKuduでdeploy.cmdを編集してもいいのですが、忘れた頃にdeploy.cmdが再作成されてしまい、WebJobsがデプロイできてなかった\(^o^)/ なんてことがよくあります。

そんなことがないよう、デプロイスクリプトを明示的に指定しましょう。

リポジトリの直下に置くもの

Gitリポジトリの直下にデプロイスクリプトと.deploymentファイルを置きます。

デプロイスクリプト(例:deploy.cmd)

いわゆるバッチファイルです。Web Appsの場合なら、Kuduから持ってくるのが手っ取り早いですね。

.deployment

デプロイスクリプトを指定する設定ファイルです。

[config]
command = deploy.cmd

あとはgit pushするだけ

2つのファイルをリポジトリに追加したら、GitHubなどにpushしてみましょう。あとはいつも通りAzure側でデプロイが実行されます。そう、あなたが指定したスクリプトを使ってね。

まとめ

詳しいことは下記Kuduのドキュメントに書かれています。

おしまい。